インストール不要の販売在庫管理システム かんたん操作とシンプルな仕組みの『PocoPoco』

記事詳細

30 December

第24回 バーコードで出来る在庫管理の効率化⑤

clm_20150327

私たちも普段から目にするバーコードですが、これが具体的にどのような役割を果たしているのかご存知でしょうか?
買い物の時に金額を読み込んでくれるのはもちろんですが、実は、商品の在庫管理をする際にも役立っているのです。
ここでは、在庫管理の際にバーコードがどのような役割を果たすのかについてご紹介します。

業務の標準化

店舗においての在庫管理は商品を管理するスペースによってまちまちであるものの、ある程度の人数が確保できれば作業が可能です。
しかし倉庫業務など、多くの商品を管理・識別するためには、属人的なノウハウが必要となります。
より効率化を目指した経営をするためには、個々人の能力の差に関係なく、業務を遂行できるような管理システムを構築しておく必要があります。

バーコードを用いた倉庫内での在庫管理は、商品の情報・内容を知らなくとも出庫手続きが行えるため、簡易的なシステムにて運営を行うことができます。
広大な敷地内の中で商品管理をしている場合でも、エリアごとに情報を管理することにより、作業効率が飛躍的に向上します。

また、商品の名前や中身を一つひとつ確認しながら検品する必要がないため、フォークリフトを使ってある程度の高さまで積み上げることができます。
こうすることにより、限られた敷地内であっても、より多くの在庫管理が行えるメリットも生じます。

このように、私たちが普段から何気なく目にするバーコードには、多くの役割があるのです。在庫管理の業務を効率化させるのにとても役立っており、今も昔も多くの企業が取り入れているのです。

新規アカウント開設 登録後1カ月間無料!

いまなら登録いただいてからの一ヶ月分使用料
9,980円(税抜)が0円に!この機会にぜひお試しください!